Press release

エボニック デグサ ジャパン、パーソナルケア原料の最新技術情報セミナー 「テクニカル・オープン・デイ」を開催

エボニック デグサ ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:
ウルリッヒ・ジーラー)のコンシューマースペシャルティ部は、この度化粧品研究・開発者などを対象とした、最新技術情報セミナー「テクニカル・オープン・デイ(TOD)」を、東京と大阪で開催します。

いま化粧品業界では天然由来原料が注目されており、乳化剤においてもPEG(ポリエチレングリコール)フリー原料へのニーズが高まっています。
今回のセミナーではドイツから開発責任者を迎え、天然由来の乳化剤などといったエボニックの革新的な製品ラインアップや最新技術、そして製品特性などの説明を通して、顧客のニーズに合わせた適正な取り扱いについてご紹介します。

「テクニカル・オープン・デイ」はグローバルで展開しているエボニックの最新技術情報を提供するセミナーで、2010年、日本では約300名の研究・開発担当者の方々にご参加いただきました。今回も東京・大阪会場で開催し、化粧品メーカー研究者、開発担当者など300名の参加者を予定しています。 

<開催概要>

講演者
エボニック インダストリーズ コンシューマースペシャリティ 
イノベーションマネジメント 化粧品原料  リーブオン責任者
ユルゲン・マイヤー博士(逐次通訳付)

講演内容
1. エボニック グループ コンシューマースペシャリティ事業のアジア太平洋地区における最近の取り組みと今後の計画
2. Move 360° - エボニック グループ コンシューマースペシャリティ事業の「持続可能性」に対する取り組み
3. 天然由来の革新的乳化剤 (ポリグリセリン系乳化剤を中心に)
 (a) 天然由来製品全体の製品ラインの紹介
 (b) ポリグリセリンの化学(バックグラウンド及び基礎)
 (c) 最新のポリグリセリンベース乳化剤の考察
4. 高機能シリコーンベース乳化剤
 (a) OMS(有機変性シリコーン) テクノロジーの簡単な紹介
 (b) W/O乳化剤: EM 180, EM 90, EM 97S
 (c) O/W 乳化剤: XL 80
5. 感触改善剤
 (a) 戦略的アプローチ「感触の違いが分かる処方作り」
 (b) エモリエント剤: テクノロジー及び製品
   (エモリエントチャート, (酵素合成) エステル, エーテル, OMS)
 (c) 化粧品用パウダー: テクノロジー及び製品
   (ナイロンテクノロジー、Feel Green)

日程・会場
<大阪会場>
2013年2月19日(火曜日) 10:00-17:00
薬業年金会館 (大阪府大阪市中央区谷町6-5-4)
<東京会場>
2013年2月22日(金曜日) 10:00-17:00 
新宿NSビル30F (東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル)

受講対象者
化粧品メーカーの研究、開発、マーケティング、企画担当者、美容ライターなど

セミナー申込要領
受講料: 無料
お申込: 電話  03-5323-7421 (コンシューマースペシャリティ部 小林あかね)



エボニック インダストリーズについて

ドイツのクリエイティブな産業グループであるエボニックは、スペシャルティケミカルの世界的リーダーです。私たちの活動はヘルス・ニュートリション、エネルギー効率化、グローバリゼーションといった世界のメガトレンドに集中しており、企業の有益な成長と企業価値の増大は私たちが目指す戦略の大事な根幹となります。エボニックは革新的なプロセスと統合的な技術プラットフォームを強みとしています。

エボニック インダストリーズは世界100ヶ国以上で活動しており、2011年度は33,000人以上の社員を有し、総売上高は145億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は28億ユーロを計上しました。


エボニックのパーソナルケア事業について

界面活性剤、乳化剤、コンディショニング剤、添加剤、アクティブ原料の製造および供給の世界的リーダーとして、ユニークかつ広範囲な有機原料、シリコーン原料をはじめ各種化粧品原料を供給しています。
充実したエビデンス、グローバルな供給体制・規制対応を強みとし、あらゆる種類のスキンケア・ヘアケア製品に関する最適なソリューションをお客様へご提案しています。

Downloads

Contact

内藤 吾朗

Contact

小林 あかね

Contact