Press release

エボニック、次世代の分散練合助剤を発売 コーティング・インク業界のVOC対策や規制に対応

2017年3月28日

高機能添加剤を幅広く提供しているエボニック インダストリーズ(本社:ドイツ、エッセン)は、コーティングアディティブス部門の最新製品ラインとして「 Carbowet®(カルボウェット)GA-200界面活性剤」(以下、Carbowet®GA-200)をドイツ・ニュルンベルクで開催される「ヨーロピアン コーディングショー」で発表します。Carbowet®GA-200は、広範な水系組成向けに多彩な利点を持ち、増えつつあるグローバルの法規制やEH&S (環境・衛生・安全)条件を満たします。

Carbowet®GA-200は、エボニックが最近買収したエアープロダクツ社のパフォーマンスマテリアル部門で開発され、低・ゼロVOC(揮発性有機化合物)処方向け、低公害およびエコラベル適合処方に最適です。さらに、この非イオン系、新世代の分散練合助剤は、他の界面活性剤で見られるような感水性・泡立ち・流動性の問題がなく、顔料表面の濡れ性および相溶性を向上します。

Carbowet®GA-200は、動的表面張力、相溶性、安定性をバランスよく向上するため、広範な用途および組成で使用することができます。

Carbowet®GA-200は、コーティング市場のために設計された最新のソリューションです。その特徴をまとめた論文“Leveraging surfactant Structure-Property Relationships to Address Emerging Needs in Coatings” をエボニック マテリアルズ オランダB.V.(オランダ)のクリスティーン・ルイ(Christine Louis)とエボニック コーポレーション(アメリカ)のK.マイケル・ペック(K. Michael Peck)が「ヨーロピアンコーティングショーカンファレンス2017」にて4月3日に発表します。

*ご参考:エボニックは、4月4日から6日までドイツ・ニュルンベルクで開催される「ヨーロピアンコーティングショー」(ホール7A、ブース番号323)に出展します。

 

(このプレスリリースは2017年3月24日にドイツで発表されたものの翻訳版です)

 

Carbowet®GA-200は、広範な水系組成向けに多彩な利点を持ち、増えつつあるグローバルの法規制やEH&S(環境・衛生・安全)条件を満たします。

Carbowet®GA-200は、広範な水系組成向けに多彩な利点を持ち、増えつつあるグローバルの法規制やEH&S(環境・衛生・安全)条件を満たします。

Contact

菅田 まり

マネジャー

  • エボニック インダストリーズについて

    ドイツのクリエイティブな産業グループであるエボニックは、スペシャルティケミカルの世界的リーダーです。ニュートリション&ケア、リソース エフィシエンシー、パフォーマンス マテリアルズの部門で事業を展開しています。エボニックの強みは、革新的な技術力と統合的な技術プラットフォームです。 エボニックは100ヶ国以上で事業を展開し、2016年度は35,000人以上の社員を有し、総売上高は約127億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は約21.65億ユーロを計上しました。

  • リソースエフィシエンシーについて

    リソースエフィシエンシー事業は、リソースエフィシエンシーGmbHにより運営されており、エネルギー効率に優れると共に、環境に優しい高性能材料を自動車、塗料コーティング、接着剤、建設その他の産業に提供しています。この事業部門会社は、約8,900人の社員を有し2016年には44億ユーロの売上高でした。

  • 免責事項

    このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGはこのリリースに含まれる見通し、期待、記述に関して、更新の義務を負いません。