Press release

エボニック、SEPAWA会議で化粧品業界向け洗浄剤の新たなソリューションを発表

2017年12月13日

• 買収や新製品開発により製品ポートフォリオを拡大
• 天然由来の原料、TEGO® Solve 90 および TEGO® Feel C 10で化粧品の特性を改善
• ヒマシ油を主原料とするTEGO SORB® Conc. 50が不快な臭いを吸収

エボニック インダストリーズ(本社:ドイツ、エッセン)は、SEPAWA会議で、洗浄剤および各種化粧品原料を幅広く紹介しました。

SEPAWAは、洗濯洗剤・洗浄剤業界、化粧品メーカー、パーソナルケア製品、香料などを扱う主要な会議・見本市です。エボニックは10月18日から20日までの3日間にわたりベルリンで開催予定の本会議に参加し、展示を行いました。「SEPAWAは業界関係者が一堂に会するメインイベントで、当社にとっては研究開発とマーケティングの両面において重要な意味を持つ会議となっています」と、パーソナルケア事業部門の責任者タンモ・ボイノヴィッツ(Tammo Boinowitz)はコメントしています。

2017年夏、エボニックは化粧品業界向けに既存防腐剤代替システムの開発・販売を手掛けるDr. Straetmansを買収しました。Dr. Straetmansもベルリンで開催されるSEPAWAに参加し、単独で出展しました。ボイノヴィッツは「Evonik Dr. Straetmansの誕生により、当社は防腐剤をはじめとする完璧な配合処方システムをお客様に提供できるようになりました。これは当社パートナーが行う開発事業の最適化にも役立っています」と語っています。

エボニックは天然由来の新しい化粧品原料、TEGO® Solve 90 と TEGO® Feel C 10の展示を行いました。「われわれは当社のパートナーが、非常に効果が高く、かつ持続性に優れた化粧品を開発できるように支援を行っています。パーソナルケア商品については、最近の消費者の多くが、クリエイティブなコンセプトを打ち出すだけでなく、エコロジカルな面でも完璧なものを求めています」。

TEGO® Solve 90は、COSMOSの認定を受けた可溶化剤で、この製品の使用により、製造者は多様な香料や精油を効率良く水性製剤に含有させることができるようになります。ポリグリセロールエステルはコールドプロセスが可能で、ポリエチレングリコール(PEG)を含まず、キャノーラ油やRSPO認証パーム油など再生可能な成分由来の原料です。非常にマイルドなTEGO® Solve 90の用途は多岐にわたり、特にシャンプー、シャワージェル、ミセラウォータ製品、メイク落とし、ロールオン・デオドラントなど透明な配合物に最適で、保湿効果をさらに高めることができます。
もう一つの画期的新製品はTEGO® Feel C 10は、天然成分由来、生分解性に優れ、カバー力の高い製品に使われるマイクロプラスチックの代替品となるものです。化学的に変質しないこのセルロース繊維は、その重量以上の油や皮脂を吸収することができます。日焼け止めやパーソナルケア製品で使用すると、肌のてかりを抑え快適な状態を保つことができます。この繊維自体は膨張しないため、油中水型乳剤と同様に水中油配合物でも簡単に使用することができ、粉末化粧品など無水製品での使用にも適しています。TEGO® Feel C 10の製造にはグリーン電力を使用しています。またサステナビリティのあるヨーロッパのブナ林やトウヒ林で生産された原料を使用しています。

年初に買収したエアー・プロダクツ社の特殊添加剤事業に関する独自のノウハウを活用して、エボニックは、数多くの画期的な化粧品有効成分のカプセル化技術を提供しています。このような技術により、エボニックによる革新的な製品開発を進める新たな機会が広がりました。例えば、エボニックの有効成分が角質層の奥まで届くようになり、効果を高めたというのはその一例です。

またエボニックは、洗濯洗剤・洗浄剤業界の個々の顧客ニーズに合わせた原料を取りそろえています。今回お披露目するエボニックの拡大した製品ポートフォリオは、買収したエアー・プロダクツ社の特殊添加剤事業により、この1年でさらに強化されています。また事業部門の開発研究所で創られた革新的な原料も、有利な要素として働いています。

ヒマシ油を原料とする消臭剤、TEGO SORB® Conc. 50はその一例です。本製品は、不快な臭いを結合して非毒性物質を生成する亜鉛イオンを含んでいます。本製品は最初の用途として新車にも使用され、車内で刺激臭を発生させるホルムアルデヒドを結合できるようにしました。冷蔵庫の消臭剤としての用途は、特にアジアで人気があります。この用途では、TEGO SORB®は数多くの組成物の中でも、悪臭を放つ硫酸水素塩を結合させることができます。

またハウスホールドケア事業部門は、特に車のお手入れに便利なユニークで革新的な配合物を開発しました。新たに開発されたこの配合物は、車の汚れを取り除いて保護し、水や原材料の使用量や廃棄物を削減します。試作品として製造された配合物は、「リンスフリー・ウォッシュ&ワックス」という商品名となり、特殊乳化剤、界面活性剤から非常に特殊な変成シリコンに至るまで5種類のエボニック製品が含まれています。濃縮液として簡単に配合でき、薄めずにそのまま使える希釈物としても適用が可能です。スプレーボトルとマイクロファイバーのタオルさえあれば使用可能です。

「ここで紹介した例は、ユーザーの具体的な要求に答えようと取り組むパートナーに当社が行っている支援のほんの一部にすぎません」とハウスホールドケア事業部門の責任者シャオラン・ワン(Xiaolan Wang)はコメントしています。中国、シンガポール、インドネシア、南アフリカ、ラテンアメリカ、ドイツ、米国のアプリケーション技術研究所のおかげで、エボニックは地域のトレンドや消費者のニーズに対し非常にうまく対応しています。

 

 

(本プレスリリースは2017年10月17日にドイツで発表されたものを翻訳しています。)

 

 

 

ドイツのクリエイティブな産業グループであるエボニックは、スペシャルティケミカルの世界的リーダーです。専門性の高いビジネス、顧客中心の革新的な技術力、信頼できるパフォーマンス志向の企業文化は、エボニックの企業戦略の根幹であり、収益性の高い成長と持続的な企業価値向上に貢献します。エボニックが優位性を誇るマーケットから企業利益の多くはもたらされています。エボニックは100ヶ国以上で事業を展開し、2016年度は36,000人以上の社員を有し、総売上高は約127億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は約21.65億ユーロを計上しました。

ニュートリション&ケアは、エボニックニュートリション&ケアGmbHが主導しており、日常生活に欠かせない日用品、畜産動物の栄養、ヘルスケアに関する製品を提供しています。このセグメントは約7,500名の従業員を有し、2016年度は約43億ユーロの売上を計上しました。

Downloads

Contact

コミュニケーションズ

Contact

  • 免責事項

    このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGはこのリリースに含まれる見通し、期待、記述に関して、更新の義務を負いません。