Press release

エボニック、ベンチャー・デジタル企業に成長資金を提供

2017年12月14日

• Digital+ Partnersに投資
• ファンドの重点企業は産業技術やフィンテック
• グループはさらなるデジタライゼーションを促進

エボニック インダストリーズ(本社:ドイツ、エッセン)は、ベンチャーキャピタル部門を通じ、ミュンヘンに本社を置く成長株投資家のDigital+ Partnersが運用するDigital Growth Fund Iに投資します。このファンドは、B to Bのビジネスモデルで実績と成功を収め、急速に成長しているベンチャーの産業技術企業やフィンテック企業に成長資金を提供しています。こうした企業は産業および金融プロセスでのデジタル革新の推進力と見なされています。重点地域はドイツ、オーストリア、スイスで、ファンドの目標額は3億ユーロです。エボニックの投資額は非開示です。「エボニックはDigital Growth Fund Iへの投資により、将来の重要な分野においてエボニックの立場を強化する力強いパートナーシップを結ぶことになります」と、エボニックのベンチャーキャピタル責任者のベルンハルト・モーア(Bernhard Mohr)は話しています。

エボニックは化学業界におけるデジタライゼーションのパイオニアであると自負しており、2020年までにデジタル技術の開発と試験および関連する専門技術の構築に約1億ユーロを投資する計画です。「当社ではスタートアップ企業との戦略的パートナーシップも重視しています」と、エボニックのチーフ・デジタル・オフィサーのヘンリック・ハーン(Henrik Hahn)は話します。「Digital Growth Fund Iへの戦略的な投資が、エボニックにふさわしい新興のテクノロジー企業との接点をもたらし、デジタライゼーションの成功により近づくことになります」

エボニックは、ベンチャーキャピタル活動の一環として、革新的な技術を持つ有望なスタートアップ企業、および専門分野に特化した主要なベンチャーキャピタルファンドに合計で1億ユーロを投資する計画です。主要な投資エリアは欧州、北米、アジアで、現在は20以上のスタートアップ企業や専門的なファンドに投資しています。詳しくは以下のサイトをご覧ください。
http://venturing.evonik.com/



(本プレスリリースは2017年12月5日にドイツで発表されたものを翻訳しています。)

 

 

Downloads

Contact

コミュニケーションズ

Contact