Press release

エボニック、4つの新たなアクティブ原料で化粧品ラインアップを拡大、新たな技術プラットフォームも構築

2018年4月17日

エボニック インダストリーズ(本社:ドイツ、エッセン)は、4月17日から開催されるin-cosmetics Global 2018(オランダ・アムステルダム)に出展し、4つの新たなスキンケア・ヘアケア用アクティブ原料を上市します。これらのアクティブ原料は、サステナブルで、臨床研究において効果が実証されています。

Skinolance®(スキノランス):
エボニック初の微生物由来のマイクロビオータ(微生物叢)スキンケア製品Skinolance®は、無細胞乳酸菌抽出物を利用し特定の善玉菌の成長を刺激することで肌フローラ*の自然なバランスを高め、肌のバリア機能を強化し、肌荒れや乾燥から肌を守ります。肌フローラや肌の外観にもたらされるこのような効果は、すでに臨床研究で実証されています。
*肌フローラとは腸内フローラ同様、皮膚に棲む菌(=皮膚常在菌)の生態系

「食物の消化でも肌の保護にとっても、微生物は人間にとって不可欠な存在です。プロバイオティクス入りヨーグルトが消化器官にもたらす効果と同様に、マイクロビオータ化粧品原料は肌の局所的なマイクロフローラにプラスの効果を与えます」とパーソナルケア事業部門の責任者であるタンモ・ボイノヴィッツ(Dr. Tammo Boinowitz)は言っています。エボニックは、マイクロビオータを使った新製品開発の基盤として、「ケア・バイオティクス」技術プラットフォームを新たに構築しました。

Hairflux®(ヘアフラックス):
ヘアケア・頭皮ケア用のセラミド配合原料Hairflux®は、手頃な価格帯で、中国での使用も許可されています(中国国家食品薬品監督管理総局;CFDAリストに登録済)。「美しい髪を保つには、健康な頭皮が欠かせません。Hairflux®は、髪と頭皮のどちらにも同時に効果をもたらします」と、ボイノヴィッツ(Dr.Boinowitz)はコメントしています。オリーブをベースとしたセラミドには、頭皮の炎症を和らげる効果があり、天然成分が傷んだ髪の健康を回復させます。本製品はヘアトニック、頭皮ケア商品をはじめ、ダメージヘア用のリンスやシャンプーにも適しています。

TEGO® Pep UP (テゴ ペップアップ):
エボニックが新たに開発したテトラペプチドTEGO® Pep UPも、前述のCFDAリスト登録済の原料です。このアクティブ原料は肌のコラーゲンや細胞外基質の繊維の生成を高め、視覚的な効果として、しわの目立ちを抑え、シャープな顔の輪郭を実現します。肌のハリを高める効果により、アンチエイジング向け化粧品の処方にとって魅力的な製品となっています。 

TEGO® enlight (テゴ エンライト):
さらにエボニックは、素肌の色を明るくするTEGO® enlightの発表も予定しています。本製品には、米ぬかや白桑の実のエキスからとれるフィチン酸塩が含まれています。どちらの成分にも、互いにプラスに補い合って肌色を明るくする性質があり、年齢によるシミ対策や顔全体の肌を明るくするために適した製品となっています。

(このプレスリリースは2018年4月4日にドイツで発表されたものを翻訳しています)

 

Downloads

Contact

コミュニケーションズ

Contact

  • エボニック インダストリーズについて

    エボニックはスペシャルティケミカルの世界的リーダーの1つです。専門性の高いビジネス、顧客中心の革新的な技術力、信頼できるパフォーマンス志向の企業文化は、エボニックの企業戦略の根幹であり、収益性の高い成長と持続的な企業価値向上に貢献します。エボニックが優位性を誇るマーケットから企業利益の多くはもたらされています。100カ国以上で事業を展開し、2017年度は36,000人以上の従業員を有し、総売上高は144億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は23億6000万ユーロを計上しました。

  • ニュートリション&ケア部門について

    ニュートリション&ケアは、エボニックニュートリション&ケアGmbHが主導しており、日常生活に欠かせない日用品、畜産動物の栄養、ヘルスケアに関する製品を提供しています。このセグメントは約8,200名の従業員を有し、2017年度は約45億ユーロの売上を計上しました。

  • 免責事項

    このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGはこのリリースに含まれる見通し、期待、記述に関して、更新の義務を負いません。