クリエイティブな産業グループ

エボニックはドイツに拠点を置く企業で、世界各国で活動しています。エボニックの化学、エネルギー、不動産部門は各マーケットの最前線のポジションを確立しています。

エボニックの強みは創造性、専門性、継続した自己革新力と信頼性です。エボニックは資源効率、健康と栄養、テクノロジーのグローバル化といった経済学的なメガトレンドに対して鍵となる答えを示すことによって、将来のマーケットにおける足がかりを得ています。エボニックはわかりやすい最新のバリューマネジメント法にしたがって経営しており、収益性の高い成長と持続的な価値の創造を追求しています。

企業の構造

エボニックの事業は8つのビジネスユニットに分類され、各ビジネスユニットがエボニックの取締役会に直接報告します。エッセン(ドイツ)のコーポレートセンターがグループの戦略マネジメントの責任を負います。ビジネスユニットとコーポレートセンターはグループ全体にサービスを提供する共有サービスセンターの支援を受けます。

2009年度のエボニックグループの社員数は約39,000人、総売上高は 131億ユーロですが、ドイツ国外での売上高が総売上高の60%を占めています。EBITDA(金利・税金・償却前利)は20億ユーロを計上しました。

スペシャリティケミカル分野をリードする

エボニックの化学部門はスペシャリティケミカルという魅力的な分野で活動しています。エボニックはスペシャリティケミカル分野で世界最高の企業に属しています。売上高の80%以上は、エボニックが既にマーケットリーダーとなっている事業活動からのものであり、このポジションは組織的に上昇しています。これを達成するために、エボニックはマーケットとお客様のフォーカスや我々の活動のすばらしさを着実に改善することや、魅力的な成長分野におけるより顕著な存在を確立すること、エボニックの技術革新によって生じる刺激にフォーカスすることに専念しています。収益性の高い成長には、マーケット主導型の研究開発と将来的な技術についての活動が必須です。

石炭火力発電と再生可能エネルギーに関する専門知識

エネルギー部門の主な強みは、高度に効率的な化石燃料発電所を計画、資金提供、建設および操業していることです。エボニックはネットワークに依存しない電力供給会社として、ドイツ国内で9ヶ所の石炭火力発電所と2ヶ所の石油精製発電所を運営しています。エボニックはコロンビア、トルコ、フィリピン国内に国際的に主要な石炭火力発電所を所有しています。定格出力は9,500メガワット(MW)以上で、このうちドイツ国内での出力は約7,900 MWです。エボニックは原材料への圧力を軽減する硬質炭に関する効率的な最新世代のテクノロジーのパイオニアです。エボニックは成長の速い将来の再生可能エネルギー源のマーケットで優位なポジションにおり、ドイツにおける坑内ガス、バイオマス、地熱エネルギーのマーケットリーダーの一つとなっています。

地域マーケットにおける高品質プロバイダー

不動産部門では主にドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州を中心に住宅を約60,000軒所有しているほか、75,000以上の住宅を所有するTHS GmbHの株式の50%を保有しています。したがって、エボニックはドイツにおける民間住宅のリーディングカンパニーの一つであり、その事業は個人住宅に集中しています。