Press release

ドイツ・マール工場における火災について

• 火災による死者2名
• 今後の供給に影響
• 特にポリアミド12やC12モノマーへの影響大 


エボニック インダストリーズAG(ドイツ・エッセン)が所有し、マール・ケミカルパークにあるCDT(シクロドデカトリエン)製造工場において、現地時間3月31日(土曜日)の13時40分に現地従業員2名が死亡する火災事故が発生しました。現在、現地では地元当局による調査がおこなわれており、当社もその調査に最大限の協力をおこなうとともに、社内でも外部の専門家を中心とした独自の事故調査チームを設立し、原因究明を図ります。

CDT(シクロドデカトリエン)はプラスチックの製造に使用される原料です。またCDTはポリアミド12(PA 12)のモノマーであるラウロラクタムを製造するのにも使われます。今回の事故によりVESTAMID®、VESTAMELT®、VESTOSINT®、VESTENAMER®といった製品群の供給に影響が出ることになります。PA12より作られるプラスチックは自動車産業や太陽光事業、また外洋パイプラインなどに使われるとともに、スポーツ製品や家庭用品にも使用されています。PA12製造ではエボニックは世界的なリーダーの一社です。

現時点における被害状況の詳細は不明ですが、CDTベースの製品供給に大きな影響が出ると予想される中、お客様にはVESTAMID®Terraなどといった代替品の提供なども含めたできる限りのソリューションを提供します。このようなバイオベースのポリマーをPA12同様のアプリケーションに適用することは可能だと考えられます。一方当社としてはすでに早期再開に向けてあらゆる必要な作業を急ピッチでおこなっています。

今回の事故に関して、当社の非ラウロラクタムベースのハイパフォーマンスポリマーに関しては一切影響はありません。影響を受けない製品群は:TROGAMID ®(PA 6-3-Tモルディングコンパウンド)、VESTAMID ® HTplus(ポリフタルアミド)、VESTODUR®(ポリブチレン・テレフタレート樹脂)、VESTORAN®(ポリフェニレン・エーテル樹脂)、そしてVESTAKEEP®PEEK(ポリエーテルエーテルケトン樹脂)などです。

(このリリースは4月4日にドイツでリリースされたものの翻訳です) 


エボニック インダストリーズについて
ドイツのクリエイティブな産業グループであるエボニックは、スペシャルティケミカルの世界的リーダーです。私たちの活動はヘルス・ニュートリション、エネルギー効率化、グローバリゼーションといった世界のメガトレンドに集中しており、企業の有益な成長と企業価値の増大は私たちが目指す戦略の大事な根幹となります。エボニックは革新的なプロセスと統合的な技術プラットフォームを強みとしています。

エボニック インダストリーズは世界100ヶ国以上で活動しており、2011年度は33,000人以上の社員を有し、総売上高は145億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は28億ユーロを計上しました。

Downloads

Contact

内藤 吾朗

Contact

  • 免責事項

    このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGはこのリリースに含まれる見通し、期待、記述に関して、更新の義務を負いません。