Press release

エボニックがシンガポールで潤滑油添加剤の生産能力を大幅に拡大

• プラント拡張は2015年に完了予定
• 複合プロジェクトにより生産能力は現在のほぼ2倍に
• アジア市場の成長はモビリティの拡大と高性能潤滑油の需要増が追い風に
• 顧客に合わせカスタマイズした添加剤が資源効率の向上を実現 


エボニック インダストリーズは、シンガポールのジュロン島にある潤滑油添加剤プラントの大幅な拡張が2015年初頭に完了すると発表しました。進行中の改装およびデボトルネッキング・プロジェクトは2014年前半に完了する計画となっており、これらの最適化や拡張計画により、シンガポールにおける潤滑油添加剤の生産能力はほぼ2倍となります。エボニックの取り組みは、アジアにおけるモビリティの拡大や、高性能潤滑油の市場拡大にともなう添加剤の需要増に対応するものです。これは潤滑油市場の成長を上回る伸び率です。

「高性能潤滑油添加剤で市場とテクノロジーをリードする当社は、アジアでの市場基盤強化を押し進めています。当社の拡大戦略は近代的で効率的な現地生産拠点から直接顧客のビジネス成長をサポートするものであり、物流面でも同じように資源効率化に貢献しています」と、エボニックの取締役でありリソース・エフィシェンシー部門の責任者であるトーマス・ヘーベレは述べています。2015年以降、シンガポールの同プラントはエボニックが保有する6つの潤滑油添加剤生産拠点の中で最大の施設となります。

エボニックは、VISCOPLEX®というブランド名で潤滑油添加剤を販売しています。生産効率と燃費の向上を目指したVISCOPLEX®は、自動車業界やその他の工業用途に使用されている高性能潤滑油において重要な組成のひとつです。エボニックはより高い資源効率の実現を可能にすべく、カスタマイズした添加剤で顧客に最適なソリューションを提供しています。

2008年、エボニックはシンガポールで潤滑油添加剤の生産を開始しました。「当時から変わらず当社の目標は顧客に革新的製品と技術的専門性を提供することです。高品質な製品を柔軟かつタイムリーに供給するのがエボニックなのです」と、コーティング&アディティブス・ビジネスユニットの責任者であるウルリヒ・キュルスタルトは明言しています。既存シンガポール拠点の拡張は、優れたサプライチェーン・ロジスティックスや既存のインフラ、十分な知的財産保護、熟練した労働力、それにシンガポール経済開発庁(EDB)からの現地サポートなどの利点が大きな要因となっています。

オイルアディティブス・ビジネスラインを傘下に置くコーティング&アディティブス・ビジネスユニットは、VISCOPLEX®に加えてDYNAVIS®、VISCOBASE®の各ブランドを含む潤滑添加剤の生産技術開発における世界的マーケットリーダーです。これらの高性能潤滑油添加剤は、生産効率を高めるとともに燃費も向上させるものです。エボニックの添加剤製品が資源効率にもたらす貢献は、オイルアディティブス・ビジネスラインの業務サービス対象となっている応用分野の多くで大きな注目を集めています。技術サービスセンター、近代的なグローバル生産拠点、そして世界各地の安全で信頼性の高いサプライチェーンを活用し、世界中の顧客のためにカスタマイズ化したソリューションの開発を続けています。 

エボニック インダストリーズについて
ドイツのクリエイティブな産業グループであるエボニックは、スペシャルティケミカルの世界的リーダーのひとつです。私たちの活動はヘルス・ニュートリション、エネルギー効率化、グローバリゼーションといった世界のメガトレンドに集中しており、企業の有益な成長と企業価値の持続的な増大は私たちが目指す戦略の大事な根幹となります。またエボニックは革新的なプロセスと統合的な技術プラットフォームを強みとしています。
エボニック インダストリーズは世界100ヶ国以上で活動しており、2012年度は33,000人以上の社員を有し、総売上高は134億ユーロ、償却前営業利益(Adjusted EBITDA)は24億ユーロを計上しました(不動産事業部門を含まず)。

Downloads

Contact

内藤 吾朗

グループ コミュニケーションズ

  • 免責事項

    このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGはこのリリースに含まれる見通し、期待、記述に関して、更新の義務を負いません。