Press release

エボニック インダストリーズ、ラインフェルデン工場における特殊品シリカの生産能力を増強

2014年10月9日

• 表面処理AEROSIL®(フュームドシリカ)の新製造設備
• 全世界の生産能力を25パーセント増強
• 特殊フュームド金属酸化物市場でマーケットリーダーとしての地位を強化 

  エボニック インダストリーズ(ドイツ・エッセン)は2014年10月初め、ドイツのラインフェルデン工場において、AEROSIL®(フュームドシリカ)表面処理品の新設備の増強を完了しました。この設備によってエボニックは、表面処理AEROSIL®の全世界の生産能力を25パーセント増強することになります。AEROSIL®特殊品グレードは、高機能接着剤、シーラント、工業用樹脂、さらにワニス及び塗料の性能を向上させます。これら製品の需要を牽引しているのは、資源効率の良い製品とその周辺技術の開発が挙げられます。今回の設備増強は、再生可能エネルギー技術の開発、及び自動車産業において機械的接合から高性能接着への転換という市場及び技術動向に支えらるものです。その他特殊品シリカの主要な用途として、消泡剤、プラスチック、トナーなどが挙げられます。 

 エネルギー効率化セグメント インオーガニックマテリアルズ・ビジネスユニットの責任者であるヨハネス・オーマーはこの投資を、シリカビジネスの専門性のさらなる強化の一助となるとし、「当社の特殊品表面処理シリカの新設備完成により、特殊金属酸化物市場におけるリーダーとしての地位を強化する」と述べています。
 
 インオーガニックマテリアルズ・ビジネスユニット シリカビジネスラインの責任者であるアンドレアス・フィッシャーは、開設に際し次のように述べました。「私たちの顧客が革新的な製品を開発し市場に投入するためには、当社の特殊品シリカの開発及び設備増強が大変重要になります。つまり、私たちの革新的材料が、最適な特性をもつ高性能接着剤の開発や、最小限の原料で軽量化建材向けの不飽和ポリエステル樹脂の開発及び生産に貢献しています」。 

 エボニックのフュームドシリカ特殊グレードの幾つかある機能として、液状・ゲル状物質からなる処方中で応用することで、粘性やチキソトロピー性を付与する等レオロジー特性をコントロールすることができ、またそれらに含まれる顔料や充填剤の沈降防止効果も発揮できます。さらに、粉末状の製品の流動性を向上させ、製造過程や保存時の固結防止効果も発揮します。 

 エボニックはシリカ製造の世界トップメーカーの1つで、用途に応じた様々な製品を持っています。フュームドシリカAEROSIL®のほかに、AEROXIDE®のブランドで、二酸化チタン、酸化アルミニウムを製造しています。さらに、SIPERNAT®、ULTRASIL®のブランドで、低燃費タイヤ等の成長分野向けのフィラーとして利用されている湿式シリカも製造しています。エボニックは湿式シリカ及びフュームドシリカ、金属酸化物、艶消し剤において、全世界で年間550,000トン以上の生産能力を有しています。

Downloads

Contact

グループ コミュニケーションズ

マネジャー

  • 特殊品シリカの新製造設備のオープニングセレモニーにて:(写真左から)アントン・ブランドナー(エボニック ラインフェルデン労働組合)、カール・オスト (プロジェクトマネジャー)、ピーター・ デットマン (エボニック ラインフェルデン サイトマネジャー)、 Dr. ラルフ・ホフマン(プロジェクト責任者)、 アンドレアス・フィッシャー(シリカビジネスライン責任者)、Dr. シュテフファン・ハーゼンツァール (スペシャルオキサイド プロダクトライン責任者)

  • エボニック インダストリーズについて
    ドイツのクリエイティブな産業グループであるエボニックは、スペシャルティケミカルの世界的リーダーです。私たちの活動はヘルス・ニュートリション、エネルギー効率化、グローバリゼーションといった世界のメガトレンドに集中しており、企業の有益な成長と企業価値の増大は私たちが目指す戦略の大事な根幹となります。エボニックは革新的なプロセスと統合的な技術プラットフォームを強みとしています。

    エボニック インダストリーズは世界100ヶ国以上で活動しており、2013年度は33,500人以上の社員を有し、総売上高は127億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は20億ユーロを計上しました。


    免責事項
    このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGはこのリリースに含まれる見通し、期待、記述に関して、更新の義務を負いません。 


    (このプレスリリースは2014年10月8日にドイツで発表されたものの翻訳版です)