Press release

エボニック、J・M・ヒューバー社のシリカ事業部門を6億3,000万米ドルで買収

2016年12月13日

ドイツ・エッセン:エボニック インダストリーズAGは、米国法人であるJ・M・ヒュ-バー社のシリカ事業部門を6億3,000 万米ドルで買収します。これによりエボニックは、収益性が高く活況を呈している事業分野において北米およびアジア地域での勢力拡大が可能となります。「ヒューバー社のシリカ事業は当社の成長分野であるリソースエフィシエンシー部門を著しく強化させるとともに、エボニックのポートフォリオの戦略的発展の機会を提供してくれるものです」とエボニック インダストリーズAG 取締役会長クラウス・エンゲルは語りました 。

「シリカ事業は、1950年代以降ヒューバー社の事業部門として当社の国際展開を工学素材分野にまで広げてくれました。積年の事業を手放すことは難題である中、シリカ事業のお客様と従業員両者にとってエボニックはすばらしく戦略的に適合します」とヒューバー社社長兼最高経営責任者であるマイク・マーベリー氏は述べています。

シリカ市場はその応用の多様性を特徴としており、4%から6%の平均年間成長率を遂げています。ヒューバー社の事業は、特にコンシューマー向け分野が主流で、歯科分野がその例です。現在まで、エボニックのシリカ事業はタイヤやコーティングなどの工業分野が中心です。「エボニックとヒューバー社のシリカ事業を結びつけることにより、当社ポートフォリオの骨格を強化することとなるでしょう。加えてヒューバー社のシリカ事業は、米国や中国あるいはインドに集中しており地域性においても良く適合しています」とクリスチャン・クルマン(エボニック インダストリーズ取締役会長代理)はコメントしています。

2016年会計年度においてヒューバー社のシリカ事業は売上3億米ドル、EBITDA (償却前営業利益)で6千万米ドルに達する見込みです。これは20%以上という償却前営業利益の利益率に匹敵します。

両社事業分野の理想的な補完によりエボニックは製品ラインアップの調和と相まって製造、物流、調達の各分野を主体として2千万米ドルの相乗効果を期待しており、2021年までにすべての相乗効果を完結させる予定です。

資産の会計処理にともなう減価償却は正味現在価値が約8千万米ドルで、将来の現金ベースでの納税額を減少させることとなります。これを踏まえ、相乗効果と税効果を加味した購入価格(企業価値)は年間償却前営業利益の約7倍、税効果および相乗効果前の10.5倍です。

買収は2017年後期に完了の予定で、当局の認可次第です。本件買収は早くも初年度からエボニック社の一株当たり収益を上方修正させる見込みです。資金調達は、エボニックの自己資金と借入枠利用によりおこなわれます。

シリカは二酸化ケイ素を基にした粒子で、その表面構造により最終製品の特性に大きく影響するものです。製造には高い技術力が必要とされ、顧客との関係性も強く継続的なものとなります。その製造工程は石油精製原材料とは一線を画しており、エボニックの持続可能なビジネス戦略に適しています。

J・M・ヒューバー社は米国最大の同族経営会社のひとつで、ドイツからの移民であるジョセフ・マリア・ヒューバー氏により1883年に創設されました。今日 同社は特殊化学から林業におよぶ幅広い製品ラインアップを保持しており、6拠点約700人の従業員をかかえるシリカ事業部門を含め、20か国に約4000人の従業員を有しております。

エボニック インダストリーズは、タイヤメーカーや塗料ならびにコーティング分野向けのシリカサプライヤーとしてトップクラスにあり、そのシリカ製品は食品、化粧品、薬品、シリコンの流動添加剤や媒体として利用されています。

シリカについて詳しくは:
https://youtu.be/s2euB6YD3Yo

(このプレスリリースは2016年12月9日にドイツで発表されたものの翻訳版です)

Downloads

Contact

リージョナルコミュニケーションズ

マネジャー

  • エボニック インダストリーズについて

    ドイツのクリエイティブな産業グループであるエボニックは、スペシャルティケミカルの世界的リーダーです。利益をともなう成長と企業価値の持続的な向上は当社の企業戦略の要です。また世界のメガトレンドである、健康と栄養、資源の効率化、そしてグローバリゼーションに呼応する形で事業をおこなっています。エボニックの強みは、革新的な能力と統合的な技術プラットフォームです。

    エボニックは100か国以上で活動しており、2015年度は33, 500人以上の社員を有し、総売上高は約135億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は約24.7億ユーロを計上しました。

  • 免責事項

    このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGはこのリリースに含まれる見通し、期待、記述に関して、更新の義務を負いません。