Press release

エボニック グループ、「夏休み子ども化学実験ショー」へ参加

2017年8月2日、東京

エボニック グループが製造しているシリカ(二酸化ケイ素)を使用した「粉マジックを体験しよう!」は、子どもたちが4種類の実験を通じてシリカの特性を学ぶとともに、化学の力がどのように身近なところで役立てられているのか理解を深めることを目的としています。2日間で120名の小学生が参加する予定です。

日本におけるエボニック グループでは、社会貢献活動の一環として2007年から化学実験ショーを開催しています。グループ会社の拠点地域や東日本大震災の被災地域でこれまで約2,500人の子どもたちが参加しています。今後もこの活動を通じ、子どもたちに化学の楽しさを伝えていきます。

『夏休み子ども化学実験ショー2017』 開催概要
主催: 「夢・化学-21」委員会 
日時: 2017年8月5日(土)・6日(日)9:30~16:50(※実験予約開始は9:00)
会場: 科学技術館 1階展示イベントホール、6階会議室
(東京都千代田区北の丸公園2-1)
参加費用: 無料 (※科学技術館の常設展には入館料が必要となります)
参加方法: 当日直接会場で予約
URL: http://www.kagaku21.net/summershow2017/ 

 

「夢・化学-21」委員会について
日本化学会、化学工学会、新化学技術推進協会、日本化学工業協会の4団体によって組織されている「夢・化学-21」 委員会は、化学の啓発と化学産業の社会への貢献の理解促進を目的に、1993年に設立されました。主な活動には、「夏休み子ども化学実験ショー」や「なぜなに?かがく実験教室」といった小学生向けの実験体験イベントをはじめ、中高生を 対象とした「化学グランプリ」の実施や、「国際化学オリンピック」への日本代表生徒の派遣などを行っています。
詳細は、WEBサイトをご覧ください。 URL:http://www.kagaku21.net/

Downloads

Contact

菅田 まり

マネジャー

  • エボニック インダストリーズについて

    ドイツのクリエイティブな産業グループであるエボニックは、スペシャルティケミカルの世界的リーダーです。ニュートリション&ケア、リソース エフィシエンシー、パフォーマンス マテリアルズの部門で事業を展開しています。エボニックの強みは、革新的な技術力と統合的な技術プラットフォームです。 エボニックは100ヶ国以上で事業を展開し、2016年度は35,000人以上の社員を有し、総売上高は約127億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は約21.65億ユーロを計上しました。

  • 免責事項

    このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGはこのリリースに含まれる見通し、期待、記述に関して、更新の義務を負いません。