エボニックが反応性ポリ-α-オレフィンのための革新的な新包装システムを開発

2014年9月18日

• エボニックが新しい反応性接着剤原料およびホットメルト用包装ソリューションEasy Peel Packageを発表
• 当社ではこの包装システムに関して特許申請中

 エボニックは、VESTOPLAST®の反応性グレード専用の包装システム、Easy Peel Package(イージーピールパッケージ)を開発しました。シラン化合物を付加したポリオレフィン樹脂VESTOPLAST® 206のEasy Peel Package新包装システムは、お客様での本製品の取扱いを飛躍的に改善します。 

特殊用途でのVESTOPLAST® 206の使用
 エボニックがVESTOPLAST®として販売している非晶性ポリ-α-オレフィンは幅広い用途で用いられています。一部の応用分野ではホットメルト接着剤の高い需要があります。例えば、自動車内装材接着用途では、120℃を超えるせん断接着不良温度が求められることは珍しくありません。基材にはますますポリプロピレンが使われるようになっており、できるだけ前処理をせずに接着またはラミネート加工をしたいという希望が増えています。こうした特殊な要求に応えるべく、エボニックではVESTOPLAST® 206を開発しました。シラン化合物を用いたVESTOPLAST®の湿気硬化性グレードは、極性基材(難接着基材)に対しても接着能力が向上し、前処理なしでも、他とは一線を画する製品となっています。
 
Easy Peel Package — 新包装システム
 反応性グレードに最適な包装を開発するという特別な課題は、本製品が本来有する特性に端を発します。基材への接着のための最終用途において非常に望ましい接着特性は、裏を返せば、製品包装となると重大な欠点となります。それは、製品が包装にしっかりと密着してしまうと、包装材が製品から分離できなくなってしまうからです。重さと容量を最小限にし、取り扱いを簡便かつ安全にする、且つ包装材の処分を簡単でコスト効果の良いものにする、といった包装に関する一般的な要求に加えて、製品の物性を最大限に発揮することができる包装システムが必要となります。例えば包装材は通常ホットメルト接着剤が充填される160℃までの温度に耐えられなければなりません。また、早期の架橋反応や製品のゲル化を防ぐために、微量な水分に対しても浸透を防がなければなりません。なおかつ、全く製品が付着しないように包装材から完全に製品を取り出すことが必要です。
エボニックのエンジニアによって何か月にもおよぶ集中的な開発の結果、最適な新包装システムを提供することが可能となりました。それがこの新しいEasy Peel Packageです。この画期的な包装は、前述した要求をすべて満たし、従来の包装形態と比較してコスト面での利点をお客様に提供します。また密閉性が高く開封しやすい新包装システムは、製品の安全かつ簡易な取り扱いを可能とします。ペール缶容器やドラム缶を使うといった大変な作業は今では過去のものとなりました。湿気硬化性がある本製品の品質が輸送中に損なわれることはもはやありません。 

 エボニックでは本包装ソリューションの特許を申請済みです。VESTOPLAST® 206は現在、新Easy Peel Packageにて10kgパックで販売されています。技術的サポートやサンプルのオーダーについては、日本のVESTOPLAST®販売部門(TEL 03-5323-7409)までご連絡ください。

写真:VESTOPLAST® 206

写真:VESTOPLAST® 206

Downloads

Contact

グループ コミュニケーションズ

マネジャー

コーティングス&アディティブス コーティング原料部

リージョナルマネジャー

  • エボニック インダストリーズについて 
    ドイツのクリエイティブな産業グループであるエボニックは、スペシャルティケミカルの世界的リーダーです。私たちの活動はヘルス・ニュートリション、エネルギー効率化、グローバリゼーションといった世界のメガトレンドに集中しており、企業の有益な成長と企業価値の増大は私たちが目指す戦略の大事な根幹となります。エボニックは革新的なプロセスと統合的な技術プラットフォームを強みとしています。 

    エボニック インダストリーズは世界100ヶ国以上で活動しており、2013年度は33,500人以上の社員を有し、総売上高は127億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は20億ユーロを計上しました。 


    免責事項
    このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGはこのリリースに含まれる見通し、期待、記述に関して、更新の義務を負いません。