2017年上半期/第2四半期業績発表

2017年8月4日

エボニック インダストリーズ(本社:エッセン、ドイツ)の2017年上半期の売上高は、73億ユーロとなりました。2016年の上半期に比べ15%伸長したのは、米企業エア・プロダクツ社の特殊添加剤事業の最初の統合効果によるものです。エボニックは同事業を本年1月に買収しています。その他の売上高増加の要因は、製品需要の著しい増加および販売価格の若干の上昇によるものです。

取締役会長クリスチャン・クルマンは「当社の事業開発は目標どおり進んでおり、当社の歴史上最大の事業買収の最初の利益を享受しています」と述べています。

上半期の調整後EBITDAは8%伸長し12億5千万ユーロになりました。これは主に2つのセグメント「リソース エフィシエンシー」および「パフォーマンス マテリアルズ」の好業績によるものです。「ニュートリション&ケア」の収益は、主に飼料添加物の価格下落により、前年同期に比べ減少となりました。

調整後純利益は、10%増加し5億4千9百万ユーロとなりました。また、1株当たり調整後利益は1.18ユーロに増加。純利益は、3%減少し3億9千4百万ユーロとなりましたが、これは主にエア・プロダクツ社特殊添加剤事業の買収関連による費用の一時計上によるものです。

これらの部門統合は、年初に買収により行われ、順調かつ成功裏に進捗しています。初期相乗効果は、第2四半期に見られました。また、米国企業JMヒューバー・コーポレーションのシリカ事業の買収も進展しています。当社は、本取引は計画どおり本年下半期に最終合意に達すると見ています。

当社の純金融負債は本年6月30日現在30億9千万ユーロでした。当社は、7月初めにはじめてハイブリッド債を発行しました。2.125%のクーポン(利付債券)によるもので、企業によってこれまでに発行された最も安いユーロ建てハイブリッド債でした。同社債による調達金はヒューバー社のシリカ事業買収のファイナンスに当てられます。「今回当社が得た社債条件は、資本市場が当社の財務状態に対してきわめて大きな信頼を寄せていることの表れだと見ています」と、最高財務責任者ウテ・ヴォルフは述べ、さらに「当社は確固とした投資適格格付けをされており、今後もそれを維持していきます」と付け加えました。

業績見通し

エボニックは、2017年通年の売上高および営業利益はともに増加するとの見通しを発表しました。調整後EBITDAは、22億ユーロから24億ユーロになると期待しています(2016年:21億6千5百万ユーロ)。

事業部門別の業績

リソース エフィシエンシー:2017年上半期売上高は、21%増加し27億6千ユーロでした。この内12%はエア・プロダクツ社から買収した事業の最初の統合によるものです。価格も若干上昇し、さらに、高需要により販売数量が大きく増加しました。具体的には、特にタイヤ業界からのシリカの需要に加え、3Dプリンター用等の高機能ポリマー、オートモーティブ、建設および運輸業界用の石油添加剤および塗料用添加剤の需要が大きく増加しました。
リソース エフィシエンシーの調整後EBITDAは、19%増加し6億2千8百万ユーロを記録しました。

ニュートリション&ケア:上半期売上高は5%増加し22億8千万ユーロでした。これはエア・プロダクツ社から買収した事業の初期統合および若干の販売数量の増加によるものです。減少となったのは、飼料添加物の販売価格で、前年同期に比べ大幅に下がりました。それにより、ニュートリション&ケアの調整後EBITDAは、31%減少し3億8千5百万ユーロとなりました。

パフォーマンス マテリアルズ:上半期売上高は、18%増加し18億9千ユーロ、また調整後EBITDAは、ほぼ倍増の3億2千8百万ユーロを記録しました。特にブタジエンおよびメチルメタクリル酸は、高い需要とサプライチェーンにおける供給不足により、販売価格が高騰しました。リストラを成功裏に実施したこともプラス効果をもたらしました。

 

(本プレスリリースは2017年8月3日ドイツで発表されたものを翻訳しています。)

Downloads

Contact

菅田 まり

マネジャー

  • エボニック インダストリーズについて

    ドイツのクリエイティブな産業グループであるエボニックは、スペシャルティケミカルの世界的リーダーです。ニュートリション&ケア、リソース エフィシエンシー、パフォーマンス マテリアルズの部門で事業を展開しています。エボニックの強みは、革新的な技術力と統合的な技術プラットフォームです。 エボニックは100ヶ国以上で事業を展開し、2016年度は35,000人以上の社員を有し、総売上高は約127億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は約21.65億ユーロを計上しました。

  • 免責事項

    このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGはこのリリースに含まれる見通し、期待、記述に関して、更新の義務を負いません。