エボニック、米・マテリア社との特許権侵害訴訟に勝訴

2017年10月30日

エボニック・インダストリーズ(本社:ドイツ、エッセン)は、2017年1月、米国デラウェア州ウィルミントン連邦地方裁判所の陪審裁判において、マテリア社(カリフォルニア州パサデナ)を相手どり7年にわたって争ってきた特許権侵訴訟に勝訴したことをお知らせします。裁判所は、マテリア社に対し、特許権侵害行為によりエボニックの権利を侵害した全期間においてエボニックが被った損害、またこれに、同行為により直近会計期間中エボニックが被った損害を追加し、エボニックに対する150万米ドル超の損害賠償の支払いを命じました。2017年8月10日、同裁判所はエボニックに対し、エボニックが保有するNHC(N-複素環式カルベン)配位子を含むオレフィンメタセシス触媒に関する米国特許第7,378,528号(528号特許)が完全に有効であることを再確認するとの略式判決を言い渡しました。

さらに同裁判所は8月10日、マテリア社に対し、同社の保有するメタセシス触媒製品のうちいわゆる「第二世代Grubbs触媒」を含む50製品を対象に永久的な差止命令を言い渡しました。

一方、マテリア社は、エボニックの「528号特許」に触れる触媒製品を対象とし、エボニックから非排他的ライセンスを取得しました(2017年8月10日発効)。なお、同契約の有効期限は当該特許が存続期間を終える2019年3月です。両社による共同申立を受け、同裁判所は2017年10月13日付で先の永久的差止命令を停止しました。

なお、本件についてエボニックの代理人はReedSmith LLP弁護士事務所(米国デラウェア州ウィルミントン)が務めています。

エボニックの工業用触媒製品は、生命科学およびファインケミカル、工業および石油化学、ポリオレフィン市場分野における特殊触媒、受注生産触媒、触媒成分の生産で世界トップクラスの製品群です。弊社では、メタセシス触媒製品であるcatMETium® RFも提供しています。

(本プレスリリースは2017年10月16日ドイツで発表されたものを翻訳しています。)

 

Downloads

Contact

コミュニケーションズ

Contact

  • エボニック インダストリーズについて

    ドイツのクリエイティブな産業グループであるエボニックは、スペシャルティケミカルの世界的リーダーです。専門性の高いビジネス、顧客中心の革新的な技術力、信頼できるパフォーマンス志向の企業文化は、エボニックの企業戦略の根幹であり、収益性の高い成長と持続的な企業価値向上に貢献します。エボニックが優位性を誇るマーケットから企業利益の多くはもたらされています。エボニックは100ヶ国以上で事業を展開し、2016年度は36,000人以上の社員を有し、総売上高は約127億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は約21.65億ユーロを計上しました。

  • リソースエフィシエンシーについて

    リソースエフィシエンシー事業は、リソースエフィシエンシーGmbHにより運営されており、エネルギー効率に優れると共に、環境に優しい高性能材料を自動車、塗料コーティング、接着剤、建設その他の産業に提供しています。この事業部門会社は、約8,900人の社員を有し2016年には44億ユーロの売上高でした。

  • 免責事項

    このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGはこのリリースに含まれる見通し、期待、記述に関して、更新の義務を負いません。