Press release

エボニック グループ、カリタス女子中学高等学校で『未来のリケジョ応援講座』を開講

『未来のリケジョ応援講座』開催概要
【日時】 2018年8月22日(水)
【時間】 10:00~12:00
【会場】 カリタス女子中学高等学校 
【講座内容】
1. エボニックグループで活躍する先輩リケジョ社員の体験談
2. 化粧品原料に関する講義
3. シリカを使った実験
などを予定。
*講義内容は予告なく変更になることがあります。

 

日本におけるエボニック グループ(代表:ヴォルフガング・カスター)は、『未来のリケダン&リケジョ応援企画』第3弾として、未来の理系女性社員や女性マネジャーの育成に貢献する取り組み『未来のリケジョ応援講座』を、2018年8月22日(水)にカリタス女子中学高等学校にて開講いたします。

日本におけるエボニック グループでは、CSR活動の一環として、2007年から主に小学生を対象とした化学実験ショーを各地で開催し、のべ3,000人を超える子どもたちに化学の楽しさを伝え、『未来の化学者』を応援する活動に積極的に取り組んできました。
近年、人材のダイバーシティは、多様化する市場ニーズやリスクへの対応力を高めるものとして重要視されていますが、化学業界全般ではまだ男性社員の割合が圧倒的に多く、女性社員・管理職の割合も伸び悩んでいるという現状があります。
そこでエボニックでは、今年初の試みとなる『未来のリケジョ応援講座』を開講し、化学を身近に感じてもらうこと、また、化学業界で活躍する女性社員の生の声を聞くことで、化学メーカーでの具体的なキャリアイメージを持ってもらいたいと考えています。これは、政府が推し進める、日本経済の持続的成長にとって不可欠である、女性の活躍やダイバーシティ推進へ賛同するものでもあり、エボニック グループが2018年より本格的にグローバルで取り組みを始めた『ダイバーシティ推進』の一環でもあります。

第一弾、第二弾として都内近郊の小学校・学童2校で行った講座には、夏休み中の児童130人余りが参加し、シリカ(二酸化ケイ素)の特性について楽しく学びました。
今回の講座では、女子高校生の関心が高い化粧品の成分内容にフォーカスし、当社が扱う化粧品原料に関する講義や、身の回りの製品に多く使われているシリカを使った実験、さらに、当社先輩女子社員からの化学メーカーでの仕事の魅力や体験談などを予定しています。講義には、理系に進む生徒が多く在学するカリタス女子中学高等学校の、理系専攻(または予定)の高校1年生、2年生の生徒24名が参加する予定です。

なお、当日、講義の様子を取材ご希望の報道関係の方は、コミュニケーションズ 茂木(yuko.mogi@evonik.com)まで8月17日までにご連絡ください。
学校の講義という性質上、人数を限らせていただく場合がございます。希望者多数の場合は、お断りする場合もございます。予めご了承くださいませ。

Downloads

Contact

コミュニケーションズ

Contact

  • エボニック インダストリーズについて

    エボニックはスペシャルティケミカルの世界的リーダーの1 つです。専門性の高いビジネス、顧客中心の革新的な技術力、信頼できるパフォーマンス志向の企業文化は、エボニックの企業戦略の根幹であり、収益性の高い成長と持続的な企業価値向上に貢献します。エボニックが優位性を誇るマーケットから企業利益の多くはもたらされています。100 カ国以上で事業を展開し、2017 年度は36,000 人以上の従業員を有し、総売上高は144 億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は23 億6000 万ユーロを計上しました。

  • カリタス女子中学高等学校について

    所在地: 神奈川県川崎市多摩区中野島4丁目6−1
    設立: 1961年
    校長: 齋藤哲郎

  • 免責事項

    このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGはこのリリースに含まれる見通し、期待、記述に関して、更新の義務を負いません。