flower

日本での取り組み


エボニックは、ビジネス、社員、社会に対する責任を果たします。


chemical show for kids
子ども化学実験ショー

子どもたちに化学の楽しさを伝えるために、日本のエボニック グループの事業所や工場近隣の小学校、高校、子ども会などへ社員ボランティアが出向き、化学実験ショーを開催しています。 2011年より国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンと協力し、東日本被災地の子どもたちにも提供していました。

higashimatsushima nursery
保育所建設

エボニック グループとセーブ・ザ・チルドレン・ ジャパンは、東日本大震災で被災した宮城県東松島市の矢本東保育所の移設にともない、園舎を新築する事業で協働しました。 2012 年10月に竣工した園舎は、東松島市内最大規模の保育施設として、市内の保育所の再編、保育環境の改善に役立てられています。

GIA
ドイツ・イノベーション・アワード

技術革新を重視するドイツ企業10社と在日ドイツ商工会議所によって、日独間の産学連携の構築と拡大を目的として創設された賞を共催しています。環境・エネルギー、健康・医療、安心・安全の つの分野における日本の優れた若手研究者の、豊かな未来を創造する革新的な研究成果に贈られます。

community
地域とのコミュニケーション

エボニックはお祭りなどの催事への協力、情報交換会などを通じて地域の方々とのコミュニケーションをはかっています。近隣の学校における化学実験ショーも近隣住民の方々とのコミュニケーション活動の一環としてとらえ、積極的に行っています。